FC2ブログ

今年も強敵インフルエンザを予防しよう!この冬を乗り越える為の知恵を紹介☆

どんどん寒くなり、インフルエンザが流行る季節になってきましたね。
インフルエンザにかかると辛いし大変!そんなインフルエンザの予防法は日々の細かい意識が大事になってきます!

辛い症状が出るので、出来ればかかりたくないというのが本音ですが…
予防法を紹介します!

まず大事なのが予防接種。
100%防げる訳ではありませんが、かかる確率はかなり下がりますよ!

予防接種(ワクチン)は、インフルエンザが発症する可能性を減らし、もし発症しても重い症状になるのを防ぐ効果があります。
重症化しやすい方は、医師と相談して予防接種を受ける事をススめます。

ただし、ワクチンの効果が持続する期間は一般的に訳5か月程です。
また、流行するウイルスの型は毎年変わる為、毎年、接種する事が望ましい。

インフルエンザワクチンは接種してから実際に効果を発揮するまでに約2週間程かかります。

ワクチンには2回接種と1回接種があり、2回接種の場合、2回目は1回目から1~4週間開けて接種して下さい。
通常、流行期間がだいたい12~3月ですから、11月中旬頃までには接種しておくと効果的です。

手洗いうがい
毎日の手洗いうがいは予想以上の予防効果が有りますので、出来るだけ実行しましょう。
外から帰って来たら手洗いうがいはする癖をつけた方が良いでしょう。

あらかじめ習慣づけておかなければ、万全の予防策とは言えません。
インフルエンザが流行り始めてからでも…と言う方が居ますが、それでは遅いです。
風邪は季節を問いませんし、移ってしまう事も有るので気を付けて下さい。

《正しく手を洗うポイント》
石鹸を使用し、暖かいお湯で洗う

手の甲から指の間、爪の間、手首まで忘れずに20秒ほど目安に洗いましょう。

手を洗った後は清潔なタオルやエアドライヤーでちゃんと乾かしましょう

人混みは避けましょう
人混みは体調を崩す可能性の高いので、冬は行かないのも一つです。

インフルエンザが流行してきたら、不要不急の時はなるべく人混みや繁華街への外出を控えた方がかかる可能性も一気に減ります。


更に効果を期待出来るのはマスクを着けて菌の侵入を防ぐのも効果的です!

★ガーゼマスクよりサージカルマスクの方が予防性がより高い。(鼻に密着するので)
★マスクの方向をきっちり確認する。
(裏表、上下など。)
  プリーツは下。
広げた時に内側に丸くなるのでそれが口側です。
★針金部分も一緒にマスクを縦に2つ折りにする。
★鼻幅くらいの所をしっかりおり、Wの形になる様に付ける。
★最後にプリーツのお折り目を顎の下まで入れて覆う。

栄養を取る
栄養をしっかりと取って免疫力を高めておく事も大切になってきます。
最近では乳酸菌が効果的というデータも多くの方に知られています。

栄養の偏りや食べすぎは、体の調子を崩すので気を付けて下さい。
お酒の飲みすぎも、同様です。
免疫の力は、体調に左右される物。
偏食、暴飲、暴食は控えなければいけません。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、腸内の環境を整えると共に免疫能力を高める効果が期待出来ます。

特に、R-1乳酸菌がインフルエンザワクチンの効果を高める
といった研究結果も。

乾燥を防ぐ
インフルエンザウイルスは乾燥が好きなんです。
湿度を保つ事で体調は確実に崩しつらくなります。

ウイルスは低温や低湿が好きなので、乾燥している長時間空気中を漂います。
加湿器などで室内を適度な湿度(50~60%)に保つのがオススメ。

歯磨きをする!
あまり知られていない歯磨きの効果がすごいんです。
歯磨きは毎日しているかと思いますが、冬こそしっかり歯を磨くべき!

歯磨きはインフルエンザに有効だと言われています。
知ってました?
神奈川県の歯科医師会によれば、インフルエンザウイルスの表面には突起が有り、それが邪魔となって細胞内に入る事が出来なくなります。
しかし、その突起を壊してしまうのが、プロテアーゼと呼ばれる口の中の悪い酵素です。

歯磨きを毎日しっかりして、口の中の細菌を減らして綺麗にしておく事で、プロテアーゼの量も減らす事が出来ます。

正しい予防法を知り、元気に過ごそう!
インフルエンザを撃退して、辛い思いをしなくて良い様にしましょう!


熟睡する為の便利情報教えます☆あなたも今日からしっかり睡眠取りましょう!

いくつかの重要点を説明していきますが、大切なのは寝る時間の確保です。
日ごろから大切にしなければいけない睡眠時間。

適切な睡眠の長さというのは個人差が有るので一概に言えるものではないですが、大体5~8時間前後は取る事が良いみたいですね。

米国カリフォルニア大学サンディエゴ校と日本の対がん協会が110万人調査開始時30-104歳を対象に、6年間にわたり睡眠調査を実施しました。
調査では年齢、食生活や運動、過去の病歴などを考慮に死亡率を算出。
その結果、1日6~7時間眠る人が最も死亡率が低い事というデータが取れました。

就寝前のスマホは出来ればやめましょう!
就寝前のスマホ操作は、エスプレッソコーヒー2杯分の覚醒効果が有るそうです。

スマホ操作は出来れば寝る1時間前にはやめるべき、最低でも寝る30分前にはやめて寝る準備をしましょう。

特に暗い部屋での操作は良くないので、今まで操作していた方は今後避ける様にして下さい!
目に良くない刺激を与えてしまいます!

就寝前にカフェイン摂取しない事を勧めます
カフェインは眠気覚ましとして有名です。

特に就寝4時間前にコーヒーやレッドブルなどのカフェインが入った飲み物を摂取すると目が冴えてしまい、寝れなくなってしまいます。

どうしてもコーヒーやレットブルを飲むなら4時間以上前か、ノンカフェインの物にしましょう。
冷たい飲み物も避けるべきです!

寝酒をしない(寝る前にアルコールをとらない)
寝酒と称して寝る前にアルコールを飲む人もいますが、あまり長い効果は期待出来ません。

アルコールを飲んだ直後は眠くなりますが、3時間ほどして、肝臓の代謝でアルデヒドに変わると、交感神経が高まって、体温が上がり、かえって眠りを妨げる事にもなりかねません。

刺激物も寝る前は避けるべきですね。
寝る前に食品や環境、精神面などで、脳や身体に刺激を与えるとなかなか寝れなくなってしまいます。

睡眠に入る2~3時間前からはこの様な刺激物は避ける様にしましょう。

刺激物としては、以下の様な物が有ります。

ニコチンやカフェイン、騒音や異臭、強い光(ブルーライト)や寒暖の刺激に悩み事など…

何気なく、ながら行動をしてしまいがちですが、本当に良くないんです。
帰宅後は出来れば控えるべきです。

テレビを観ながら食事、音楽を聴きながらメールをうったり、ゲームをしたりは良くみんながやっている事だと思います。
何かをしながら別の事ををしてしまうと、脳に入る刺激が多くなり、眠れなくなる原因に…。
もちろんテレビはつけないにこした事はありませんがテレビも見ない方なんてなかなか居ませんよね。

パソコンやスマホを使うなら、ブルーライトカットメガネを装着は必要です!
パソコンやスマホの光が悪いって聞くけど、どうしても触らなきゃ…
そんな人は、ブルーライトカットの眼鏡を装着してみてはいかがでしょうか?

太陽に近いエネルギーが有るブルーライトが目から入ってくると脳は朝だと勘違いし、せっかく就寝に向けて体温を下げていたのに、活動モードに移行し心拍数と体温を上げてしまい、眠るモードに入れなくなってしまいます。

寝る前のストレッチはかなり効果的
運動不足な人も多いと思いますが、少しでも身体を動かす事が重要になってきます。

寝る前のストレッチは、筋肉のこりをほぐすだけでなく副交感神経にも働きかけ、今までより格段に快適な睡眠を取る事が出来るでしょう。

副交感神経…寝る前に、副交感神経を活性化させましょう。
前述のストレッチも、一つの方法です。

また夕方から寝る前に副交感神経を活性化させる行動を取る様にしましょう。

例えば、リラックス出来るアロマを炊いたり、適温のお風呂にゆっくり入ったり、自分がリラックス出来る音楽を聴いたり、軽くストレッチしたりなど…

これらの行動は副交感神経を活性化させてくれるので、全てをやらなくても出来る事から始めてみて下さい。

メラトニンを出す
脳から分泌されるメラトニンという物質が分泌される事で、脳は眠りに導かれます。
では、どうすれば十分出るのか…

夕方になったらLEDやパソコンから発される白色光・青色光(ブルーライト)は出来るだけ触れない方が良いです。
夕方以降は白熱灯などの赤色光・橙色光を中心にしましょう。

メラトニンは夜中の0時頃、コルチゾールは午前6時頃に分泌が盛んになると言われているので、この時間は睡眠を大切にしてみて下さい。

因みにコルチゾールは、目覚める時に盛んになる物質です。


原因は何げない普段の習慣に有り!!あなたは本当に大丈夫?体臭の原因と治し方紹介します!!

男女問わず不快な体臭のにおいは嫌ですよね。
不規則な生活やストレス、食生活の乱れ、ダイエット、疲労などでも体臭の原因になってしまいます。

では、なぜ体臭は出てしまうのでしょうか?
もしかしたらあなたも匂ってるかもしれません。

体臭の原因…食べ物が体臭をキツくする

肉や乳製品に含まれている動物性脂肪は、皮脂の分泌が多くなる為、臭い発生のリスクが高まる。
また、唐辛子を使った料理は体を温めてくれる半面、交感神経を刺激して汗の分泌を高める効果が有るんです。
更にアポクリン腺を刺激するので臭いの強い汗が出やすく、一時的に臭くなる恐れが有ります。

便秘…毎日お通じがくる訳ではないという方は、それが当たり前だと思っているようですが、便秘が続くと腸内で便の発酵が進むので、臭いが口や汗から体臭として出てきます。

タバコやアルコールの摂取も原因です。
お酒、アルコールの成分は きっちり消化されないと、汗として出てくるようです。
毛穴からも 臭いは出てくるなんて恐ろしいです。

タバコやアルコールを摂取すると、体温を調節する中枢神経が刺激を受けて汗をかきやすくなったり、血中に溶け出した成分が体中を回る為、汗と一緒にその臭いが放出される事が原因で、体臭が更にキツくなると言われています。

運動不足…運動不足で代謝が落ちている人が急に運動をすると、筋肉中の乳酸が作られすぎてしまい、汗腺の中にアンモニアを大量に分泌してしまいます。
アンモニア臭の汗はアルカリ性なので、細菌が繁殖しやすくもなりますし、キツイ臭いの汗が出てきてしまう原因になってしまいます。

真夏にエアコンの効いた部屋で長時間過ごすと、汗を全然かかない生活を続けている方も注意して下さい。
汗腺の働きが悪くなる事により汗をかきづらくなってしまいます。

汗には体内の老廃物を出す役割が有る為、汚れが毛穴に溜まり、それがキツイ臭いの原因になるんです。

普段から汗をかく人の場合は再吸収機能が活発に働いている為サラサラした綺麗な汗なのに対し汗をかく習慣があまり無い人はベタベタした濃い汗となります。

ストレスを溜めている方は注意が必要です!
ストレスを 知らない内に 溜め込んでしまうと 活性酸素を増やしてしまい 身体に 悪い影響を及ぼしてしまうのでストレス発散は定期的に行う事をオススメします。

体臭を防ぐには…食べ物で体臭予防

腸のデトックスから。果物や海藻類などに多い水溶性食物繊維は、腸内環境を整え、便通を促します。
根菜類やキノコ類、豆類に多い不溶性食物繊維は、便のカサを増やして腸を刺激します。

緑黄色野菜に多く含まれるビタミンA、野菜や果物に多く含まれるビタミンC、ナッツ類や魚卵類、緑茶に多く含まれるビタミンEは、活性酸素と闘ってくれるビタミン類です。
また、ブルーベリーのアントシアニン、ホウレンソウのルティン、緑茶のカテキン、大豆のイソフラボンなど、ポリフェノール類の抗酸化作用も強力です。

レモンや梅干しなど酸っぱい物には、クエン酸が豊富です。クエン酸は肉類などのたんぱく質を分解する働きがある為、汗とともに出るアンモニア臭などを消してくれます。
大豆製品。
納豆やきなこなどには食物繊維だけではなく、良質のたんぱく質が含まれています。
更に大豆に含まれるイソフラボンには女性ホルモン様の働きが有る為、女性ホルモンのバランスを整えてくれます。

次に入浴…入浴でしっかり汗をかき、汗腺の老廃物を常に排出する事を心がける。
毎日きっちり汗をかく事で、汗腺の老廃物を排出し、汗腺の通りをスッキリさせると、サラサラした汗がかけます。

毎日入浴する事で、体を清潔に保ち、体臭の発生を抑える事は確実に出来ます。
体臭の原因は汗そのものではなく、汗、皮脂、垢が混ざった物をエサとする雑菌が繁殖する事が原因。
あまり気にしていない方が多いですが、今まで気にしていない方はこれから気にしてみて下さい。
つまり、この雑菌を減らす事が出来れば体臭は改善出来るという事になります。

お風呂はシャワーだけで済ませずに湯船に浸かるのがポイント。
湯船に浸かる事で血行が良くなり疲れを取り、凝りを解して バイ菌と疲労を溜めないように気を付けましょう。

お通じを良くする事も大切!
腸内環境を整えるには老廃物と一緒に臭い物質も外に出せるように便秘を解消しましょう。
便通が悪くなると代謝も悪くなり老廃物を出す力が弱くなってしまいます。


【必見】風邪は早めに治そう…長引く前に対策が大事!朗報です☆

風邪が流行ってきてますよね。
風邪を引いてしまったら、一日でも早く風邪を治したい。
そんな時に風邪を早く治す方法を教えます。

長引く風邪は本当に辛い…

風邪の症状は辛いですよね。
寒くなりはじめる時期は特に体調を崩す方が増えるので、気を付けましょう。

風邪を早く治す方法を試そう!
辛い風邪は長引く前に早く治すべき!
風邪に効果が有るかもしれない方法をまとめてみました。
風邪で辛い方は今日から試してみて下さい。

体を温める
まずは体を温めましょう。
ただし温めすぎはよくありません!

体温を上げる事によって免疫力が上がるのは有名ですが、36.5℃と37.5℃で免疫能力が5倍~6倍も違うという実験データが出ています。

風邪を引いて寒気がする時など、早めに、背中にカイロを貼れば、1日もしない内に体が元気な状態になります。

ビタミンCを摂る
ビタミンCには風邪の治りを早める効果も有る事をご存知ですか?
しっかり摂取しましょう。

ビタミンCの1日の必要量は100?と言われてますが、風邪を早く治したい場合は2,000?~3000?程度を取る事をオススメします。

体内にウイルスや菌が侵入した時に、真っ先に白血球がかけつけ、ウイルスや菌と戦い、駆除しようとしてくれます。
風邪を引いた時に、積極的にビタミンCを摂取する事で、白血球の働きを助ける効果が有ると言われています。

水分を補給は大切に!
特に熱が有る時は水分を取ると取らないでは全然違います!
水分補給をする事で風邪の症状を和らげる効果も有るので体調を崩したらしっかり水分は取りましょう。

風邪を引いている時に、体が水分不足の状態になると、ウイルスの侵入を防ぐ為に活発に活動している気道粘膜や細網運動の働きが低下し、風邪の症状が長引く事になってしまいます。

体調を崩したら水やポカリスエットなどのスポーツドリンクをこまめに飲みましょう。

葛根湯を飲む
風邪薬といえば葛根湯が効果抜群。
葛根湯って聞いた事有りますか?
葛根湯は、日本で販売されている風邪薬としては、唯一、風邪を早く治す効果がある薬として多くの方に知られています。

葛根湯には、体温を上げる効果が有るので、外部から侵入したウイルス、菌を弱らせて、汗をかきやすくし、体温を下げる事により治りやすくなります。

しっかり睡眠を取りましょう。
病気を治す最も簡単な方法はこちら!
休みを取って、ちゃんと眠りましょう。
無理をするよりも結果的に早く治るかも。

一般的に、睡眠時間が少ないと風邪をひきやすくなり、沢山寝ていると風邪をひきにくくなります。
ですから、風邪を引いた時は、早めに寝るのが一番です。

風邪の予防には、普段から十分な睡眠をとる事が重要ですが、風邪の引き始めは普段より長めの睡眠を取る事が回復へ繋がります。

さっと治して元気になろう!
風邪をひいたかな?と思ったら、早めの対処が重要になります!
紹介した方法を試してみてくださいね。
酷いようなら病院へ行きましょう!!


大切な我が子を風邪から守る為、お金を使わなくても出来る事を紹介致します。

まずは普段の食事を少し見直してみましょう
ウィルスに対する抵抗力・免疫力を高めるビタミン、ミネラルを十分にとりバランスのよい食事をとる事がコツ!

どんな栄養素をとったら良いのかというと…

ビタミンA
鼻やのどの粘膜を保護
お気に入り詳細を見る
 緑黄色野菜やうなぎ。
比較的、安く手に入れる事が出来るものでは、にんじんがあります。

ビタミンC
風邪に対する抵抗力を高める

ビタミンCは、果物やブロッコリーに多く含まれています。
そして、焼きのりにもビタミンCが多く含まれています。
果物やブロッコリーが苦手なお子様が居たら、試してみて下さい。

果物は鮮度の良い物を子供にって考えると、お金もかかるし、買い物に行く時間もかかる…。何かと忙しいママにはお金も時間も大事。
焼きのりなら保存もきくから、買い物に行く時間も省けるし、果物みたいに皮をむいたりする手間もかからないから、何かとお得です。

また、焼きのりや味付けのりには、ビタミンAも含まれています。

亜鉛が減ると、免疫の司令塔であるT細胞がうまく働かなくなり、風邪をひきやすくなってしまうんです。

亜鉛は体内で作り出す事が出来ないので、食事から摂取する必要有り!

亜鉛を多く含む物としては、牡蠣が有名ですが、子供が食べれそうな物を探してみました。

煮干し、卵黄、ごま、きな粉、油揚げ、納豆、チーズ、牛乳などが有ります。

タンパク質
タンパク質は体を作る主な材料になるので、ウイルスに対する抵抗力や免疫力を高めて風邪を予防する為にも大切な役割を果たしてくれます。
肉類、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品に多く含まれています。
今まであげた栄養を含む食材を使ったレシピにはこんな物が有りました。

そぼろ丼
ビタミンAのほうれん草、亜鉛とタンパク質の卵、タンパク質の肉、ビタミンCとAの焼き海苔が使われています。

ほうれん草は安い時に買ってゆでて冷凍しておくと時短だし節約になります。
肉も安い時に買って小分けにして冷凍保存しておくと使いたい時に使えるしかなり便利です。



目玉焼き、ウインナー、海苔
ウインナーは肉類だから、タンパク質。
卵焼きは、亜鉛とタンパク質。
海苔は、ビタミンCとA。

食事の次は、睡眠
アメリカで行われた実験結果では、睡眠不足の人は、睡眠を十分に取っている人よりも約4.2倍、鼻風邪をひきやすいというデータが出ているんです。


1歳?3歳児の理想的な睡眠時間は12?14時間

4歳?6歳児の理想的な睡眠時間は10?13時間

7歳?12歳児の理想的な睡眠時間は10?11時間

起きる時間から逆算して、寝かす時間を決めるのがオススメ。

子供の睡眠時間を確保する為に早く寝かせる事は、お母さんのお仕事の都合も有りますし、お子さんの習い事が有ったりで、なかなか難しい方も居ると思います…。
お母さんが無理しすぎて、体を壊してはいけないので、早く寝かせるのはちょっと無理だわってお母さんは無理をせず可能な範囲内で実行していきましょう。

換気
寒い時期は大変ですが、換気は1度に3~5分ほど行うと良く、窓はしっかり開けましょう。

窓を開けて換気するだけなら、お金がかかる事はありません。

定期的に換気をして新しい空気を入れ、部屋の中に充満しているウイルスを追い出してしまいましょう。


検索フォーム
QRコード
QR