FC2ブログ

くしゃみを止めるのは良くないらしい…意外と知らない人多いみたいですが、要注意です!

いきなり出てしまう「くしゃみ」。
会議中や電車の中など、出来ればしゃみをしたくないタイミングに、鼻をつまんだり口を閉じたりしてくしゃみを無理に止めていませんか?
その行為…実は危険かもしれません。

なんの前触れもなく突然やってくる…くしゃみ

くしゃみは前触れなくいきなり起こるので止めにくく、場所をわきまえる事が難しいです。

職場や学校など公共の場でくしゃみが止まらず、周囲に嫌な顔をされた事有る方は意外と多いのではないですか?

静かな所でくしゃみをしてしまえば他の人に迷惑ですし、自分も恥をかく事になってしまいます。

たまに、器用にくしゃみを止める人もいます。
そもそもくしゃみってなんで出るのかご存知ですか?

基本的にくしゃみが出るという事は、体内のウイルスやホコリなどといった異物を吐き出す為の反射的な現象なんです。

呼吸で酸素を取り入れる時、空気中に含まれているチリやゴミなども一緒に体の中に入り込んできます。

鼻の奥にある粘膜に細菌やウイルスなど外的刺激物が接触した時にそれが体内に侵入してこない様にする為に、空気と一緒に吹き飛ばしているのがくしゃみになります。

くしゃみを止めるのは危ないな行為?
ウイルスが体内に溜まっていきます

数々の研究の結果、排出されるべき空気を排出させないという事は、健康に影響を与えてしまいます。

くしゃみを我慢する事でウイルスなどが体に留まってしまう

風邪の症状やアレルギーの症状が悪化する可能性がありますし、病原菌が耳の中や気管などに入り込むと、感染症を引き起こす可能性が考えられます。

内臓などを傷つける危険も十分考えられます!
くしゃみを我慢すると、呼吸器にかなりの圧力がかかります

くしゃみの圧力で鼓膜を内側から傷つける危険性も有るほどです。

くしゃみを止める事で鼓膜が破れたり、呼吸器系に異物が蓄積されるという様な事も有る

腰を痛めたり骨折してしまうケースも…
ハックション!と勢いよくくしゃみをすると体全身に衝撃が走り、その瞬間に勢いあまって腰がグキっとなって痛めてしまう事もございます。

くしゃみは想像以上の力を持っています。
くしゃみを我慢すると、その大きな力が身体の中へ向かってしまう事になります

その結果、酷い場合には、肋骨を骨折したり、鼓膜を損傷したり、ギックリ腰になる方も少なくありません。

我慢はせずくしゃみをした方が良さそうです
この様な問題を防ぐ為には、出来るだけ我慢をしない事が1番大切です。

くしゃみは、体の作り上必ず必要な運動になるので、無理に我慢せずに出る時はしっかり出す事が必要です。


スポンサーサイト
検索フォーム
QRコード
QR