FC2ブログ

今年も強敵インフルエンザを予防しよう!この冬を乗り越える為の知恵を紹介☆

どんどん寒くなり、インフルエンザが流行る季節になってきましたね。
インフルエンザにかかると辛いし大変!そんなインフルエンザの予防法は日々の細かい意識が大事になってきます!

辛い症状が出るので、出来ればかかりたくないというのが本音ですが…
予防法を紹介します!

まず大事なのが予防接種。
100%防げる訳ではありませんが、かかる確率はかなり下がりますよ!

予防接種(ワクチン)は、インフルエンザが発症する可能性を減らし、もし発症しても重い症状になるのを防ぐ効果があります。
重症化しやすい方は、医師と相談して予防接種を受ける事をススめます。

ただし、ワクチンの効果が持続する期間は一般的に訳5か月程です。
また、流行するウイルスの型は毎年変わる為、毎年、接種する事が望ましい。

インフルエンザワクチンは接種してから実際に効果を発揮するまでに約2週間程かかります。

ワクチンには2回接種と1回接種があり、2回接種の場合、2回目は1回目から1~4週間開けて接種して下さい。
通常、流行期間がだいたい12~3月ですから、11月中旬頃までには接種しておくと効果的です。

手洗いうがい
毎日の手洗いうがいは予想以上の予防効果が有りますので、出来るだけ実行しましょう。
外から帰って来たら手洗いうがいはする癖をつけた方が良いでしょう。

あらかじめ習慣づけておかなければ、万全の予防策とは言えません。
インフルエンザが流行り始めてからでも…と言う方が居ますが、それでは遅いです。
風邪は季節を問いませんし、移ってしまう事も有るので気を付けて下さい。

《正しく手を洗うポイント》
石鹸を使用し、暖かいお湯で洗う

手の甲から指の間、爪の間、手首まで忘れずに20秒ほど目安に洗いましょう。

手を洗った後は清潔なタオルやエアドライヤーでちゃんと乾かしましょう

人混みは避けましょう
人混みは体調を崩す可能性の高いので、冬は行かないのも一つです。

インフルエンザが流行してきたら、不要不急の時はなるべく人混みや繁華街への外出を控えた方がかかる可能性も一気に減ります。


更に効果を期待出来るのはマスクを着けて菌の侵入を防ぐのも効果的です!

★ガーゼマスクよりサージカルマスクの方が予防性がより高い。(鼻に密着するので)
★マスクの方向をきっちり確認する。
(裏表、上下など。)
  プリーツは下。
広げた時に内側に丸くなるのでそれが口側です。
★針金部分も一緒にマスクを縦に2つ折りにする。
★鼻幅くらいの所をしっかりおり、Wの形になる様に付ける。
★最後にプリーツのお折り目を顎の下まで入れて覆う。

栄養を取る
栄養をしっかりと取って免疫力を高めておく事も大切になってきます。
最近では乳酸菌が効果的というデータも多くの方に知られています。

栄養の偏りや食べすぎは、体の調子を崩すので気を付けて下さい。
お酒の飲みすぎも、同様です。
免疫の力は、体調に左右される物。
偏食、暴飲、暴食は控えなければいけません。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、腸内の環境を整えると共に免疫能力を高める効果が期待出来ます。

特に、R-1乳酸菌がインフルエンザワクチンの効果を高める
といった研究結果も。

乾燥を防ぐ
インフルエンザウイルスは乾燥が好きなんです。
湿度を保つ事で体調は確実に崩しつらくなります。

ウイルスは低温や低湿が好きなので、乾燥している長時間空気中を漂います。
加湿器などで室内を適度な湿度(50~60%)に保つのがオススメ。

歯磨きをする!
あまり知られていない歯磨きの効果がすごいんです。
歯磨きは毎日しているかと思いますが、冬こそしっかり歯を磨くべき!

歯磨きはインフルエンザに有効だと言われています。
知ってました?
神奈川県の歯科医師会によれば、インフルエンザウイルスの表面には突起が有り、それが邪魔となって細胞内に入る事が出来なくなります。
しかし、その突起を壊してしまうのが、プロテアーゼと呼ばれる口の中の悪い酵素です。

歯磨きを毎日しっかりして、口の中の細菌を減らして綺麗にしておく事で、プロテアーゼの量も減らす事が出来ます。

正しい予防法を知り、元気に過ごそう!
インフルエンザを撃退して、辛い思いをしなくて良い様にしましょう!


スポンサーサイト
検索フォーム
QRコード
QR