FC2ブログ

スマホをいじりすぎると二重アゴに?知らない方は驚くと思います!

なんだか最近、アゴが二重になったような…それ、もしかすればスマホが原因かもしれません。

今や日常生活に欠かせない存在となりつつあるスマホ

仕事にも勉強にも日常生活にも、現代人の生活に欠かせないスマホ

音楽を聴く時も動画を見る時もメールをする時もSNSを見る時もインターネットを使う時など、スマホ一台あれば何でも出来る時代です。

朝起きてから寝るまでほとんどスマホを手元に置いているといった人も多く居ます。

そんなスマホが二重アゴの原因になっているかもしれません
今増えているのが、携帯電話やスマホの見過ぎによる若い女性のスマホ二重アゴ

電車やバスで周りを見回せば老若男女問わず、ずっと下を向いてスマホから目を離さないで操作している方が増えました

いわゆる猫背の姿勢で、アゴを前に出すような姿勢では、首の後ろ側の筋肉が縮み、首の前側の筋肉が引き伸ばされた状態になります

このような姿勢を日常的にとると、フェイスラインに慢性的なむくみも生じやすくなり、太っていないのに二重あごになってしまう

スマホの使いすぎで現れる症状は二重アゴだけではない
スマホネック

スマホ首ストレートネックという言葉をご存知ですか?
実はこれ、日本人の8割が発症している新国民病として話題になっています

画面を見る時は、どうしても画面を覗きこむ為、前かがみの体勢になりがちだが、1時間もこの体制で居れば、首や背骨が凝り固まる事は明らか

こうした前傾姿勢を長時間続けていると、本来カーブしているはずの首の骨が真っすぐになるストレートネックになりやすくなる

スマホを覗きこむ体勢が続くと、猫背になりがちになるのはもちろん、頭痛や不眠、集中力低下を招き、更には自律神経にも影響を与える

スマホ老眼…スマートフォンを長時間利用する生活を続ける事で、目のピントが合いにくくなる症状スマホ老眼が今急増している

スマホ老眼は現代病の一つとも言われ、スマホを長時間見た後、遠くがぼやける。
といった症状が一時的に現れる事を指しています

加齢による老眼と同様、眼のピント調節がスムーズに出来ない事により起こります

パソコンを長時間使用する人にも老眼のような症状は見られますが、特にスマホ使用が懸念されるのは、小さな画面の小さな文字を凝視する事で眼の負担が大きくなる為

スマホ不眠も増えてます
スマホの画面から発せられるブルーライトが脳に過剰な刺激を与え、脳が疲労してしまう事によって起こる睡眠障害

ブルーライトは、目に見える光の中で一番エネルギーが強いので、体に対して色々な影響を与えるので長時間の利用は避けるべきです。

ブルーライトは、睡眠ホルモンとも言われているメラトニンを抑えてしまいます。
その結果不眠に繋がり、体内時計が狂う原因にも

昼間だけではなく、夜にもスマホやパソコンでブルーライトを浴びる事により、体が起きてしまい不眠に繋がってしまう

スマホで指が変形するって知ってました?
スマホの持ち方には人によってさまざまですが、親指~薬指の4本で背後からホールドし、更に小指をスマホの底に置いて支える、という持ち方をする人が意外に多いです。
これは注意が必要!

スマホの下側を小指で支える様に持つと、小指が窪んだようになり変形する可能性があり、痺れや痛みを感じる。
タコが出来るといった症状も出るのでケアが必要です

下に添えた小指には、1点に集中して負荷がかかっています

その小指の部分が凹んでしまい、その形のまま長時間スマホを持ち続けると指が変形してしまいます

スマホで指荒れする事も…
スマートフォンやタブレット端末のタッチパネル操作する事で指先の肌が荒れる、いわば“スマホ指荒れ

スマホを操作して指先が乾燥してしまう。
荒れ始めにケアをせずに放置して、指荒れを悪化させるとこの時期は本当に辛い思いをする事になってしまいます。

タッチパネルに指で触れると発生する微弱な電流や、長時間の使用によって帯びる端末の熱が、肌荒れした指の小さな傷に働きかける

先端や側面は指紋のある腹の部分より弱いので気を付けないと酷い指荒れになってしまいます。

スマホが記憶力の低下に…
スマホを持つ前は自分の頭の中に記憶していた情報をスマホに記録する様になった事で、そもそも記憶しなくなったという人が本当に多いんです。

デジタル製品への過度な依存、情報検索が記憶力よりも重要な位置を占める様になり、脳の記憶を司る部分が怠ける様になる

記憶力を低下させない為に、訓練や刺激を与えて怠けない様にしなければ、記憶力は自然と低下し、集中力の欠如、記憶力の停滞、忘れっぽいといった事がどんどん起こる様になってきます。

便利なのはわかりますが…スマホへの依存には十分注意が必要です

通勤や通学時間、就寝前など、習慣的にスマホを触っている場合は、まずこの習慣を少しずつ減らしていく事が重要になってきますね

通勤や通学時間、就寝前など、習慣的にスマホを触っている場合は、まずはこの習慣を少しずつ減らしていく事でスマホ依存にならない様にしましょう。

大事なのは、健康を害さない様に上手に付き合う事!

一旦手を休めて、スマホとの付き合い方を見直してみる事を勧めます。


スポンサーサイト
検索フォーム
QRコード
QR